強さ編

集成材+メタルジョイント+オリジナル耐力壁パネル

集成材

集成材(エンジニヤーウッド)

『日々木』は、柱や梁など、構造躯体の軸となる構造材すべてに集成材を使用しています。
この集成材は、最大荷重曲げ強度ともに一般木材の約1.5倍の強さを持つ、工学的に性能が計算・評価・保障された木材製品です。
反りに強く、たわみにくいため 、地震や台風の際に優れた強さを発揮します。

メタルジョイント工法

メタルジョイント工法

『日々木』の構造躯体は、集成材を高強度なフレーム金物によって接合する、メタルジョイント工法で形成されています。
接合部の部位に応じて適切な金物を施し、強度の高い構造材同士をがっちりと緊結して驚異の耐久性、耐震性を実現します。

『日々木』では、その結合部も部屋の中でご確認いただけます。

耐力壁パネル

構造計算に不可欠な壁強度に関しては、独自に開発した壁倍率3.0の耐力壁パネル(DMパネル)を外・内壁バランスよく配置することで、永年にわたる高耐震性を確保しました。
この耐力壁パネルは、財団法人日本建築総合試験所にて、筋交いの2倍の強度を実証し、国土交通省の大臣認定を取得しています。

30分防火構造

万一の火災で何より怖いのは、新建材に含まれる有毒ガス。しかし『日々木』では、内装材に無垢材を使用していますのでそういった心配は、ほぼありません。

国土交通省の大臣認定を取得した30分耐火構造ですので、隣家の火災による800℃の炎にさらされても、30分間、家の中は人が避難できる安全な状態を確保できます。

30mmの無垢板

『日々木』は、独自の耐力壁パネルで優れた耐震性を発揮するため、柱と柱の間には筋交いも間柱も必要ありません。

加えて、屋根から壁まで、構造材の外側から厚さ30mmの無垢板を直接打ち付けることにより、外力を壁全体でゆるやかに吸収・分散するので、さらに高い強度が実現します。

構造躯体

集成材(エンジニヤーウッド)

『日々木』では、筋交いや間柱を必要としないため、内装下地材は施していません。
つまり、構造躯体を形成している集成材や耐力壁パネル、壁・天井・床に張り付けた30mmの無垢板が、そのまま表し状態になっている住まいです。
これにより、家の構造躯体をいつでも部屋の中からチェックできるので、もし問題が生じたとしても、補修やメンテナンスが簡単に行えます。