健やか編

オリジナル外断熱工法

夏涼しく、冬暖かい DM外断熱工法

DM外断熱工法は、構造材の外側に貼り付けた30mm厚の無垢板を、さらに40mm厚の発泡ポリスチレン断熱パネルですっぽりと覆う外断熱方式です。
構造材の間に、繊維系の断熱材を埋め込む内断熱方式と比べれば、断熱性能の差は一目瞭然。内断熱では、構造材と断熱材の隙間から入り込んだ湿気が断熱性能を低下させるのに対し、DM外断熱工法は、基礎から壁、屋根に至るまで、室内の熱は逃げず、屋外の熱も寄せ付けません。

だから、『日々木』の室内は四季を通じて快適な温度です。また、天井裏に断熱材を敷くだけの内断熱では、小屋裏空間に熱がこもりますが、屋根断熱を施したDM外断熱工法では、小屋裏空間も心地良い空間となります。

DM外断熱工法 夏
DM外断熱工法 冬

床暖房がなくても快適

『日々木』の室内は、DM外断熱工法によって、床から小屋裏空間まで室内温度がほぼ一定となるので、冬でも小型のファンヒーター(FF式)等で家中の暖房が可能です。また、木が蓄熱効果を発揮するため、床・壁の輻射熱により床暖房がなくても快適に過ごせます。

夏は、無垢の床の調湿作用により、素足の湿気も吸収され、さらっと感のある心地よい空間となります。

結露が発生しないDM外断熱工法

通常の外断熱工法は、構造材の内側から石膏ボードなどの内装下地材を貼ります。それにより壁内に空間ができるため、通気層などの結露対策の工夫が必要です。

一方、DM外断熱工法は、構造材の外側に打ち付けたアカマツの無垢板が、そのまま内装材となりますので、壁内空間というものが存在しません。
当然、壁内の結露が皆無ですから、ダニ、カビなどによるアレルギー疾患を緩和できる健やかな環境が実現します。

全熱交換型第1種換気システム

全熱交換型第1種換気システム

まるごと無垢の木で覆われた『日々木』の室内は、もちろん科学物質とは無縁の環境です。また、木の優れた調湿機能により、四季を通じて爽やかな空気環境。高気密住宅としての性能を充分に発揮しながら、つねにきれいな空気を維持できるよう、床下空間に24時間換気システム『澄家(すみか)』を標準で設置。

これは、外気を、花粉や埃を取り除いたクリーンな空気に変えて床下に採り込み、地熱で暖めたり、冷やしたり、した後、室内に送り込むエネルギー消費の少ない換気システムです。換気ダクトに透温機能を付与することによって床下で熱と冷気を交換します。夏季の床下の除湿や冬季の室内の過乾燥防止にも役立ちます。

床面積を13%広く

『日々木』の室内では、外から打ち付けた無垢板がそのまま内壁となっていて、筋交いや間柱も存在しませんので、その分、空間を広く使えます。

通常の外断熱工法と比べて床面積は13%も増加。このスペースを利用して、多数の飾り棚を設置することができます。また、『日々木』の上部空間は、吊り天井のない屋根裏。 容積で従来の40%増を実現したこの伸びやかな空間は、ブランコを設置するなど、遊び心を活かした使い方が楽しめます。