代表挨拶

暮らしに安心と安らぎを

木は、日本の気候風土に合い私たちにとって、一番心地よい素材ではないでしょうか。その木をふんだんに使い、さまざまな工夫とアイデアで生まれた住まいが「日々木」です。

木の質感、風合い、香りは人の心にあたたかさと心地よい安心感を与えてくれます。天然無垢の開放的な空間にやさしい木の香りが満ちあふれた家、元気にのびのび暮らしを送ることができます。

健康には2つの種類があります。
1つは当然、身体の健康、
2つめは心の健康です。そして2つには密接な関係があります。

建友ホームでは、その住まいを根本的に見直すことで身体と心の健康を取り戻すことができると考えました。住まいにおいて快適という時、その状態は身体だけで感じるものではなく、心もそう感じていなければならないという発想です。

心安らぐ空間は、身体にとってもくつろげる場所であるはずです。身体に直接及ぼす要因、シックハウス症候群、ヒートショックなど、その対処方法は進歩も顕著です。その一方で、心はいまだコンクリートのような無機質な空間に置かれたままです。心を活性化し生き生きとさせるために、建友ホームでは五感を刺激することが大切と考え、身体と心を守る無垢の家「日々木」を提供しています。

まるで森林浴をしているかのような無垢材と自然素材をまとわせ、外断熱の先進技術を融合した住まい。感触、色、香りが、本来のやさしさを取り戻し身体と心を健康に導きます。

建友ホーム株式会社
代表取締役社長 武石泰尚